ゴウカンボク【合歓木】の語源・由来


【意味】
ネムノキの別称。

【語源・由来】
「ゴウカンボク」は、夜になると小葉が閉じて垂れ下がり、眠るように見える。そのさまが、夫婦が寄り添って眠るさまに似るため、夫婦円満の象徴とされていることから付けられた名。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事