コハダ【小鰭】の語源・由来


【意味】
コノシロの中等大のもの。酢の物や鮨の材料にする。

【語源・由来】
全長10cm前後のコノシロを指す名前で、主として東京付近の呼び名。江戸前寿司では代表的な光物で、体表が柔らかく光沢があって美しいことから、「子どものような肌」の意で「こはだ」という。「小鰭」の「鰭」は、「魚のヒレ」の意の古語「ハタ(鰭)」からの当て字。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事