キザ【気障】の語源・由来 


【意味】
①心にかかり、苦になること。心配。
②服装・態度・行動などが気取っていて、人に不快や反感を感じさせること。いやみ。

【語源・由来】
「きざわり(気障り)」の略。元々は、江戸時代、遊郭で使われた言葉。女郎が男性客に対して使っていたことから、男性に対していう語になった。当時は、心にかかり、苦になることを指していたが、後に、人に不快感を与える意味に変化した。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事