きさらぎ【如月】の語源・由来


【意味】
陰暦2月の異称。きぬさらぎ。

【語源・由来】
「生更ぎ」の意。草木の更生することをいう。着物をさらに重ね着する意とするのは誤り。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事