きんじて【禁じ手】の語源・由来

【意味】
使うことを禁じられた手段のこと。

【語源・由来】
囲碁・将棋・相撲などで用いられる言葉で、用いると反則負けとなる。相撲ではこぶしで殴る、髪の毛をつかむなど、囲碁では相手の石に囲まれた一目の地には石を打てない、将棋では同じ縦の列に歩を二つ置く二歩や動かせないところに持ち駒を置くなど。

50音インデックスで逆引き検索