きめ【木目】の語源・由来

【意味】
物の表面。また、物事をするときの心配り。

【語源・由来】
もとは、木の板の模様、木目(もくめ)のこと。また「肌理(きめ)」とも書いて、人の肌の表面のことをいう。「木目が細かい」は、肌や物事の表面が滑らかで肌触りのよいさまが転じて、気配りが細かなところまで行き届いている意になった。、

スポンサーリンク
スポンサーリンク