かつをいれる【活を入れる】の語源・由来

【意味】
元気づける。気力を盛り立てる。

【語源・由来】
「活」は、柔道などで使われる術で、気絶した人の急所をついて息を吹き返させること。転じて、活力を失っている人に元気を与える意。「喝を入れる」と書くのは誤り。

スポンサーリンク
スポンサーリンク