かりょうびんが【迦陵頻伽】の語源・由来


【意味】
美女の顔を持つ、美声の鳥。

【語源・由来】
梵語kalaviṅkaの音写。極楽に棲むという想像上の鳥。『阿弥陀経』では、共命鳥とともに極楽浄土に住むといわれ、殻の中にいる時から鳴きだすとされる。非常に美しい声で鳴くとされることから仏教では「迦陵頻」とも。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事