らんしょう【濫觴】の語源・由来


【意味】
物事の始まり。起源。

【語源・由来】
「濫」は「溢れる」(河川の氾濫等)の意、「觴」は「盃」の意。孔子のことば「その源は以て觴を濫(ひた)すべし」から出た語。中国の長江のような大河でも、源流を遡れば觴(さかずき)から溢れる程度のほんのわずかな水の流れでしかないということ。「荀子」より。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事