かんこどりがなく【閑古鳥が鳴く】の語源・由来


【意味】
訪れる人が少なくてさびれているさま。とくに、商売がはやらないさま。

【語源・由来】
「閑古鳥」はカッコウのこと。「かっこうどり」の変化した語ともいわれる。その鳴き声は、人里離れた寂しいや山の情景を思わせることから、さびれている意で使われるようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事