かまをかける【鎌をかける】の語源・由来


【意味】
相手に本音を吐かせるため、たくみにさそいをかける。

【語源・由来】
「鎌をかける」の「鎌」は草などを刈るための農具。柄をもって、三日月形の刃を内側にひくようにして使う。鎌を引っかければ、草は手前の方になびいてくることから、「鎌」に「ひっかける」の「かける」で、相手にうまくしゃべらせるという意味になった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事