しゃにかまえる【斜に構える】の語源・由来


【意味】
物事を素直に受け止めずに、皮肉な態度をとる。

【語源・由来】
剣道で刀をまっすぐに相手に向けず、斜めに構えること。そこから、物事に正面から向かわないという意が生まれた。また気取った態度をとる意でも使われる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事