じょちょう【助長】の語源・由来

【意味】
成長・発展させようと力を添えること。また、ある傾向をさらに著しくさせること。

【語源・由来】
もとは、不必要な手助けをして、かえって害を与える意。昔、宋の人が、苗の生長を助けようとして無理に引き伸ばし、かえって家のものに「予苗を助けて長ぜしむ」と言った語から。この故事を孟子は、早く効果をあげたいからといって、無理をしてはならないという戒めとして用いた。「孟子公孫丑上」から。

50音インデックスで逆引き検索