いざ鎌倉の語源・由来


【意味】
(何か大事が起きて)さあ、いまこそ行動すべきときだ。

【語源・由来】
謡曲「鉢木」から出た語。大雪の晩に訪れた旅の僧(=北条時頼)を鉢植えの木を焚いてもてなし、「鎌倉に大事があればだれよりも早く駆けつけるつもりなのに、飢え死にしそうなわが身が無念だ」と語る武士のことばによる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事