いずれあやめ【いずれ菖蒲】の語源・由来


【意味】
どれもすばらしくて選択に迷う。優劣をつけがたい。

【語源・由来】
平安末期の武将、源頼政は、怪獣鵼(ぬえ)を射止めた褒美に美女「菖蒲(あやめ)」を賜る。同じ姿の美女十二人の中から「菖蒲」を探せと言われ、頼政が困り果てて詠んだ歌「五月雨に沢辺の真こも水越えていずれ菖蒲と引きぞ煩う」から。『太平記』をはじめ、『源平盛衰記』などにも類似した話が載る。

※同義の「いずれ菖蒲か杜若」は、姿が似ていて区別しにくいことから。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事