いなずま【稲妻】の語源・由来


【意味】
雷光。

【語源・由来】
「稲の夫(つま)」の意。稲の結実時期に雷が多いことから、雷光が稲を実らせるという信仰があったことから。「稲交(いなつるび)」ともいう。また、稲の精霊をはらませることから「稲魂(いなたま)」ともいう。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事