みぞう【未曾有】の語源・由来


【意味】
今までにない非常に珍しいこと。

【語源・由来】
もとは、「びっくりした」の意の梵語「adbhuta」が漢訳された仏教語。仏の功徳の尊さや神秘なことを賛嘆した言葉であった。「未だ曾て有らざる(いまだかつてあらざる)」の意となり、「今までにない珍しいこと」をいうようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事