ごりむちゅう【五里霧中】の語源・由来

【意味】
現在の状態が分からず、見通しや方針の全く立たないことのたとえ。心が迷って考えの定まらないことにもいう。

【語源・由来】
「後漢書」張楷伝より。後漢の張楷が道術によって五里にわたる霧を起こし、自分の姿をくらましていたという故事から。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 6 =