げったんひょう【月旦評】の語源・由来


【意味】
人物の批評。品定め。

【語源・由来】
「月旦」は月の初め。一日の意。後漢の末、汝南に住む許劭 (きょしょう)と許請は、毎月の一日に主題を変えて郷里の人物の批評をしたという「後漢書」許劭伝の故事から。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事