せっかん【折檻】の語源・由来


【意味】
激しくしかること。体罰を加えて懲らしめること。

【語源・由来】
「檻」は、欄干・手すり。元は厳しく君主をいさめる意。中国の前漢の成帝のとき、朱雲がよこしまな張禹を重んずるのに反対し、成帝を強くいさめたところその怒りを受け、朝廷から引きずり出されようとしたときに欄干につかまって動かず、その欄干が折れてしまったという『漢書』の「朱雲伝」にある故事にちなむ。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事