ふやじょう【不夜城】の語源・由来

【意味】
夜でも昼のように明るいにぎやかな場所。歓楽街など。

【語源・由来】
漢の時代、中国の東莱郡(現在の山東省)の不夜県にあった城の名からとする説がある。不夜県の名は、夜も太陽が出て明るかったという伝説による。「三斉略記」より。

50音インデックスで逆引き検索