ぼうじゃくぶじん【傍若無人】の語源・由来

【意味】
他人の目を気にせず、勝手気ままにふるまうこと。

【語源・由来】
中国の『史記(刺客列伝)』にある「旁(=傍)若無人者」という表現から。「傍らに人無き者のごとし」と訓読し、「まわりにひとがいないかのようなふるまい」の意から。秦の時代、刺客の荊軻(けいか)は高漸離(こうぜんり)達と燕(北京)で毎日酒を飲んでいた。 宴もたけなわになると街の中を歩きながら、高漸離は楽器を鳴らし、荊軻はそれに合わせて歌い、騒ぎわめいた挙句、抱き合って泣き出したりしていた。その様子が「旁若無人」であったことから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク