えしゃく【会釈】の語源・由来


【意味】
①挨拶として軽くお辞儀をすること。
②他人への思いやり。

【語源・由来】
仏教語「和会通釈(わえつうしゃく)」の略。一見矛盾しているように思われる教義どうしを照らし合わせ、根本においては矛盾のないことを示すこと。つまり、仏典の文章を矛盾なく解釈すること。転じて、あれこれ思い合わせる意となり、相互調整、さらには気配り、あいさつの意となった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事