だて【伊達】の語源・由来


【意味】
派手であること。人目を引くこと。

【語源・由来】
江戸初期の武将、伊達政宗の家臣が、華美な服装で人目をひいたことからという説が有名である。また、「人目に立つ」の意の「立つ」が変化したものとする説がある。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事