だいく【大工】の語源・由来


【意味】
木造家屋を作る職人のこと。

【語源・由来】
律令時代には、木工寮(もくりょう)・修理職(しゅうりしき)などに所属し、宮中の土木・建築・造船などに従事する技術官のことで、大工(おおたくみ、おおきたくみ)といった。平安時代から室町時代には、国司の役所や大社寺に属する建築技術者集団の長を指した。戦国時代以降、建築職人を「大工(だいく)」と呼ぶようになる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事