キリシタン【切支丹・吉利支丹】の語源・由来


【意味】
①1549年(天文18)イエズス会士ザビエルらが日本に伝えたカトリック教。また、その信徒。南蛮宗。
②キリシタンが布教の方便として用いた理化学応用の技術。魔術と見なされたので、転じて魔術の称。

【語源・由来】
ポルトガル語でキリスト教を意味する「christao」から。1549年(天文18)イエズス会士ザビエルらによって日本に伝えた。「キリシタン」は、はじめ吉利支丹と書き、禁教後は、鬼理死丹・切死丹などと書き、また、将軍徳川綱吉以降は「吉」を避けて切支丹と記した。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事