ぼうし【帽子】の語源・由来

【意味】
①頭にかぶって寒暑または塵埃を防ぎ礼容をととのえるもの。
②烏帽子の略。
③物の頭部にかぶせるもの。
④刀剣の切先にある刃文。
⑤囲碁で、相手の石を攻めるため、二路上からかぶせるように圧迫する手。

【語源・由来】
「帽子」は漢語からで、布で作ったかぶりものの総称。「帽」は、巾と音符「冒」から成り、頭をおおう布、ずきんを表す。 「子」は小さいものを表す接尾語。

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る