あざ【痣】の語源・由来

【意味】
皮膚の一部が色素の異常や充血などによって赤、青、紫などに変色したもの。

【語源・由来】
「痣(あざ)」は「鮮やか」、 「あざあざ(鮮鮮=はっきりとしたさま)」と同源。古くは、際立ってどぎつく現れるものを「あざ」といった。古語では、「ほくろ」や「こぶ」や「いぼ」を「あざ」ということもある。皮膚に他の色が「あざう(交じる」ことからともいわれている。

50音インデックスで逆引き検索