ずさん【杜撰】の語源・由来


【意味】
物事のやり方がいいかげんなさま。ぞんざい。

【語源・由来】
本来は、詩や文章に誤りが多いことをいった。杜撰の「杜」は、中国宋の杜黙(ともく)という詩人。「撰」は詩文を作ること。杜黙の作った詩は律(詩の様式)に合わないものが多かったため、規則から外れたものを「杜黙が作ったもの」のようだというようになったという。「野客叢書(やかくそうしょ)」より。「ずざん」とも読む。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事