たくあんづけ【沢庵漬け】の語源・由来


【意味】
干した大根をぬかと塩で漬けたもの。

【語源・由来】
江戸時代初期の臨済宗の僧・沢庵宗彭(そうほう)が考案したという言い伝えがある。また、沢庵和尚の在住した寺から広まったからともいわれている。さらに、「貯え漬け」の転とする説もある。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事