ゆいがどくそん【唯我独尊】の語源・由来


【意味】
自分だけがすぐれているとうぬぼれること。

【語源・由来】
「天上天下唯我独尊」の略。この世で自分はもっとも尊い存在であるという意。釈迦が生まれた際、七歩歩き、右手で天を左手で地を指していったとされる言葉。この世に個として存在する「我」より尊い存在はないということで、生まれながらに備わっている人間の尊厳をあらわしている言葉。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事