やしゃ【夜叉】の語源・由来


【意味】
古代インドの鬼神。また、俗に恐ろしい女性のたとえ。

【語源・由来】
梵語yakṣaの音写。神聖な霊的存在で元は古代インドの神。仏教では、法を守る八部衆の一つ。毘沙門天の眷属で、北方の守護にあたる。また、外面似菩薩内心如夜叉のように、女性のたとえにも使われる。これは男性の修行者に対する戒めで、漢語の仏典には例がなく、日本で作られた言葉だという。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事