ようすい【羊水】の語源・由来

【意味】
羊幕の内側を満たす透明な液体。胎児を保護し、また分娩時に流出して主産を容易にさせる。羊膜液。

【語源・由来】
「羊水」は、羊膜の内側を満たす透明な液体であることから。「羊膜」は、英語「amnion」からで、「amnion」は仔羊の意のギリシヤ語「amnos」から。生まれたばかりの膜に包まれた仔羊からの連想、または、柔らかさが仔羊のようだからという説、生贄として用いた羊の血を入れる容器を「amnios」といい、羊膜に似ていたことからという説など諸説ある。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る