よだれ【涎】の語源・由来

【意味】
口の外に流れ垂れる唾液。古くは「よだり」。

【語源・由来】
「よだれ」は、古くは「よだり」といい、平安時代以降に「よだれ」に転じた。「よだり」は、流れ出る鼻汁、よだれの意味で、現在の意味に鼻汁の意味が加わる。「よだり」の「よ」は、流れ出る箇所を表す語という説、泣くときに垂れるものの意という説など諸説ある。「たり」は、垂れるの意の動詞「垂る」の名詞形。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る