よみ【黄泉】の語源・由来


【意味】
死後、魂が行くというところ。死者が住むと信じられた国。よみのくに。よもつくに。よみじ。こうせん。冥土。九泉。

【語源・由来】
「黄泉」は、「闇」の転、または「山」の転とされる。古代中国では、死者が行く地下の世界を地下の泉の意で「黄泉(こうせん)」と呼んだ。「黄」は、五行思想で「土」のシンボルで、「地下」の意。日本では、大和言葉の「よみ」を、漢語の「黄泉」に当てているため、語源が違う。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事