ようとうくにく【羊頭狗肉】の語源・由来


【意味】
見かけが立派で実質がこれに伴わないこと。羊頭を懸げて狗肉を売る。

【語源・由来】
「羊頭狗肉」は、中国宋代の禅書「無門関」にある語。「羊頭を懸げて狗肉を売る」の略。羊の頭を看板に出しながら実際には狗の肉を売ることから。転じて、見かけが立派で実質がこれに伴わないことのたとえになった。類句に「羊頭を掲げて馬輔を売る」「牛の首を門に掲げて馬肉を内に売る」がある。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事