よろめきの語源・由来


【意味】
誘惑に乗ること。

【語源・由来】
若い人妻の不倫が題材の三島由紀夫の小説「美徳のよろめき」から。「よろめき」という言葉は流行語になり、「よろめき夫人」「よろめきドラマ」という言葉が生まれた。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事