ウォンの語源・由来

【意味】
大韓民国・朝鮮民主主義人民共和国の通貨の単位。

【語源・由来】
「ウォン」は漢字「圓(エン)」の朝鮮語読みだったが、現在では韓国・北朝鮮とも、正式には漢字表記はない。日本の「円」や中国の「元」に通じる。大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国で、呼称は同じだが通過は異なる。区別する際には、「韓国ウォン」「北朝鮮ウォン」と呼ばれる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る