つきなみ【月並み】の語源・由来


【意味】
ありふれたものの形容。平凡なさま。

【語源・由来】
月並みは、元々、毎月定期的に行うこと。そこから、和歌・連歌・俳句などで行うなう月例の会を「月並みの会」と言うようになった。「月並み」が陳腐の意になったのは、正岡子規が俳句の革新運動の中で、江戸天保期以降の俳諧を「月並調」、伝統的な旧派の俳句を「月並俳句」といって批判したことによる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事