ちまつりにあげる【血祭りに上げる】の語源・由来


【意味】
戦場に挑む際に、縁起のため、間諜または敵方の者などを殺して気勢を上げること。相手をひどい目にあわせること。

【語源・由来】
「血祭り」は、昔、中国で、出陣の際いけにえを殺し、その血をもって軍神を祀ったことから。「血祭りに上げる」の形で、相手をひどい目にあわせるの意で用いられるようになったのは昭和になってから。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事