チワワの語源・由来


【意味】
①メキシコ北部、アメリカ合衆国に隣接するチワワ州の州都。商・工・鉱業都市。チワワ-太平洋鉄道の起点。人口95万。
②イヌの一品種。体重3キログラムほどで、最小の品種。普通短毛で、耳と目が大きく、体色はさまざま。愛玩用。シーワワ。チファファ。

【語源・由来】
「チワワ」は、アメリカ合衆国に隣接するメキシコ北部のチワワ州が原産であることから名付けられた。チワワは、アステカ文明の王族が飼育していたとされる古い犬種、テチチ(Techichi)の子孫。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事