ちょうどきゅう【超弩級】の語源・由来


【意味】
同類のものよりも、けた違いに大きいこと。

【語源・由来】
「超弩級」は、弩級艦を超える超大型の戦艦の意で、1906年にイギリスが建造した戦艦「ドレッドノート」が由来。「ドレッドノート(dreadnought)」の頭文字の「d(ド)」から、「超ド級」とも書く。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事