たんとうちょくにゅう【単刀直入】の語源・由来


【意味】
①ただ一人で敵陣に乗り込むこと。
②余談・前置きせず、直接に問題の要点に入ること。

【語源・由来】
「景得伝灯録」が由来。一振りの刀をもって一人で敵に切り込む意から、すぐに問題の要点に入ることをいうようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事