ためぐち【ため口】の語源・由来


【意味】
相手と対等の立場でものを言うこと。その口のきき方。

【語源・由来】
「ため口」の「ため」はぞろ目の意の賭博用語からとされる。1960年代から、不良少年の間で「五分五分」と同じような意味で用いられるようになった。また、同級生の意でも用いられる。同級生や対等の立場の相手を気軽に話すような口のきき方を「ため口」というようになった。現在では、一般の若者にも普及し、年齢層を問わず用いられる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事