だめ【駄目】の語源・由来


【意味】
①(普通片仮名で書く)囲碁で、双方の境にあって、どちらの地にもならない空所。
②しても効のないこと。役に立たないこと。むだ。無益。
③してはいけないこと。してもできないこと。

【語源・由来】
「ダメ」は囲碁用語で、双方の境にあってどちらの地にもならない空所のこと。ここに石を置いても自分の地にならず無駄になることから、してはいけないこと、しても効のないことをいうようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事