たいこもち【太鼓持ち】の語源・由来


【意味】
気に入られようとして、機嫌取りばかりしている者。

【語源・由来】
江戸時代、遊郭で遊ぶ客の機嫌を取り、酒宴を盛り上げるのを仕事とする男を「太鼓持ち」または「幇間(ほうかん)」と呼んだことから。また、「太鼓」は調子に合わせて打つものであることから、「調子のよいお世辞」の意で使われた言葉。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事