しきい【敷居】の語源・由来


【意味】
引き戸や障子などをはめる、開口部の下に渡す溝付きの横木。

【語源・由来】
「敷居」は、門や玄関の内外を仕切る戸を開け閉めするために敷いた横木のこと。入りにくく感じる心理をいったもので、物理的に敷居が高いという意味ではない。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事