しゅうちんぼん【袖珍本】の語源・由来


【意味】
小型の本のこと。

【語源・由来】
袖の中に入れて持ち歩けるくらい小型であることから。「珍」は宝石の意。「袖珍版」ともいう。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事