しゅん【旬】の語源・由来


【意味】
①(旬政・旬儀・旬宴の略)古代、朝廷の年中行事の一つ。毎月1日・11日・21日および16日に天皇が紫宸殿で臣下に政を聞き、酒宴を賜う儀式。平安中期以降、4月と10月の朔日にだけ行われ、それぞれ孟夏の旬、孟冬の旬と称し、併せてニ孟の旬という。孟夏の旬には扇、孟冬の旬には氷魚(ひお)を下賜。また、天皇の出御のない時は、平座と称する略儀を宜陽殿で行った。他に臨時の旬として、11月1日が冬至にあたる年の朔日冬至の旬、内裏新造後に行われる新所の旬、新帝即位後に行われる万機の旬などがある。
②魚介・野菜・果物などがよく取れて味の最もよいとき。
③転じて、物事を行うに適した時期。

【語源・由来】
漢字「旬」は、中国では10日間の意味で、本来の読みは「じゅん」。
古くは、毎月1日・11日・21日および16日に天皇が紫宸殿で臣下に政を聞き、酒宴を賜う儀式を「旬」といった。平安中期以降、4月と10月の朔日にだけ行われ、それぞれ孟夏の旬、孟冬の旬と称し、併せてニ孟の旬と呼んだ。孟夏の旬には扇、孟冬の旬には氷魚(ひお)を下賜したことから、魚介類や野菜の最もおいしい時期を旬というようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事