しゃくしじょうぎ【杓子定規】の語源・由来

【意味】
決まった形式にとらわれて、応用・融通が利かないこと。

【語源・由来】
「杓子」は汁をすくったり飯を盛ったりするのに使う道具。古くは杓子の柄は曲がっていたことから、「杓子定規」は不適切な基準で物事をはかろうとすることの意だった。転じて、適切であろうとなかろうと、一つの基準で物事をはかろうとする意。

50音インデックスで逆引き検索